ほんやのほ

どういうところ?

大きな金庫の上にある小さな本屋です

「ほんやのほ」は金庫の上にあります。金属製の、人がすっぽり入れるほどの大きな金庫です。中になにがあるのかは知りません。知ってはいけないのかもしれません。ただそれを守るように、4坪よりも小さな本屋があります。

普段は水曜から土曜に開店します

基本的な営業日は以下の通りです。

水木金: 16時から20時半
土: 14時から20時半

※伸びたり縮んだり、なくなったり増えたりする可能性が多々あります。Twitterで最新情報をご確認いただくか、予約・問い合わせフォームよりご連絡のうえ、お越しください。

どこ?

小伝馬町駅から3分、人形町駅から7分のところにあります

103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町13-1

CreativeHub131というビルの2階にあります。ビルの下の看板を目印にお越しください。ガラス戸をくぐって、お花のお店の横を通り抜けて、奥の階段をのぼると、左手に当店があります。

ビルまでの道筋は以下をご参考にしてください。

1. 東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅から徒歩3分
小伝馬町駅1番出口から右手に向かって進み、さわやか信用金庫手前を右手に曲がります。3ブロック目、1階外壁の黒いビルが入り口です。

2. 都営新宿線 馬喰横山駅から徒歩4分
馬喰横山駅A1出口を出て、手前の道路を渡ります。向かいにあるスギ薬局の左手を直進し、ローソン、その先に東横インがあります。東横インを過ぎて最初の交差点を左手にまがり、1階外壁の黒いビルが入り口です。

3. その他
JR総武快速線 馬喰町から徒歩4分。都営浅草線 東日本橋駅から徒歩5分。他、JR神田駅、秋葉原駅、浅草橋駅より歩いて15分程度。

どんな仕組み?

会員制です

「ほんやのほ」は会員制本屋です。

入会資格は「なんだか本が気になる」こと。会費はかかりません。
はじめてご来店いただいたときに、必要な情報をご記入いただき、会員証を発行します。会員証にはペンネームと会員番号が載っています。2回目以降はお持ちいただき、受付時にお預かりします。

それから、ご予約も受け付けています。はやめにご予約をいただいておくと、日曜・月曜など基本的にはお休みの日でも、場合によっては開けることができるかもしれません。遠方からお越しの場合などは、ぜひ予約・問い合わせフォームからご連絡ください。メールにて調整させていただきます。

なにがあるの?

新しい本と古い本があります

すべて合わせても、1000冊とすこし。その多くは古本です。本の他には、雑貨なども取り扱う予定です。

物語があります

小説家の深沢仁さんの「小さな本屋の下にある大きな金庫」は、この場所のために書かれた短い物語です。これからも、物語は増えていくかも、しれません。
深沢仁さんには、選書もしていただいています。

音楽もあります

当店では、一瞬一瞬にちがう音が流れつづけています。音楽家の宮本貴史さんによる作品「osmosis」です。「osmosis」とは、「浸透」。辞書を引くと、「じわじわ浸透(影響)すること」と書かれています。当店に滞在する時間のなかで、体内に少しずつ浸みていく音をお楽しみください。

さあ靴を脱いで、金庫の上をお進みください

ほんやのほは靴を脱いで入る本屋です。金庫の上を通って、本をご覧ください。